日誌

2018年2月の記事一覧

顧問研修会

2月19日2月18日に大宮公園弓道場で顧問研修会が行われました。

講師に清真学園高校の佐久間先生をお招きし、(清真はインハイ、選抜、全中の三冠)部活の運営から指導法を講義してくださいました。

  個人ノートによる自己管理

全員がA5のノートを用いて、年間スケジュールから予定を組み立てている。平日は6時半までのゼミがあったりする中で生徒自身が練習内容やどのタイミングで休みを入れるなどを考えている。試合にもノートを携行しやるべきことの確認をしている。

  お互いの射を見あっている

個人のケータイで本人の射を動画で正面、右ひじから撮り、課題に対してどのようなひき方をしているかを共有している。クラウドをもちいて顧問も空き時間を使って確認している。

  顧問の指導法

試合で監督席に入るのは顧問なので生徒とのやるべきことの共有などいろいろ

自主練期間中も=休みにしてしまっている生徒がいて残念なので、清真さんと上位大会で戦う時に負けないように、本校生徒もしっかり練習してほしいです。

 

0

交流試合

2月11日(日)に与野高校稲林先生主催の交流試合に参加しました。この試合は与野高校稲林先生が若手に県外の強豪校との試合のチャンスをという事で始めた練習試合で、第16回の開催となります。プログラムの参加校の近年の実績から読み取れるように、関東、全国大会レベルの高校が集う非常に勉強になる練習試合です。

試合は負け、反省会で話したのはここで悔しいと思ったかどうか、思いをまた学校での練習に行動に移せるかが、その人の今後の人生の姿勢であると伝えました。勉強や気分を言い訳にしないで何事にも一生懸命になる良い癖をつけてほしいと思います。

     

  

0

川越高校OB顧問練習試合

2月4日(日)に県立川越高校で7校合同練習試合を行いました。

この試合は顧問が川越高校弓道部OBというつながりで、現顧問で全国優勝をはじめとする素晴らしい成績を遺されている新津雅之先生が4年前から企画してくださっているものです。午前は四矢トーナメント、午後は一本トーナメントに加え、学校対抗リレー(12人で中てたら次の人へ、抜いても三本まで)など、非常に工夫ある面白い練習試合でした。

川越高校には五訓といわれる生徒が考えた部則があり、非常に主体性のある活動をしているチームです。草加西高校も生徒が企画したりなど、部員自身がもっと考えてよい組織を作ってくれればいいなと思います。まずこの五訓を本校でできているか部員に考えてほしいと思います。

川越高校五訓

一、己を知って 弓を知れ

一、働かざる者 射るべからず

一、会は一日にして 成らず

一、道具の命は 射の命

一、焦らず 腐らず 妥協せず

目指せ全国制覇

参加校 川越、川越総合、大宮、越ヶ谷、狭山清陵、草加西

  

 

0