日誌

2019年9月の記事一覧

R1 男子ソフトテニス部 新人大会東部地区予選(団体)結果報告

  927日(金)大宮第2公園にて新人戦東部地区大会個人戦で行われました。前年度は5位ということで入賞まで届かず悔しい思いをしたので、今年こそはと奮起して臨みました。

初戦越谷北高校に3-0で勝利、2回戦は杉戸高校に2-0で勝利し、3回戦で三郷北高校に2-1で勝利し決勝戦に進みました。決勝戦の対戦相手は昌平高校で、埼玉県で群を抜いての強豪校で選手も顧問も策を労して臨みましたが1-2で敗退し、結果は準優勝となりました。初戦は危なげな所もあり、相手の良いプレーが出てきた所で崩れかける場面もありながら、しっかり持ちこたえ決勝まで進むことができました。ここ数年では初の快挙ではありましたが、決勝戦ではまだ課題の残る部分が多く県大会では改善していきたいと思います。

 とはいえ初の準優勝、この成果に草加西高校に関わってくださった学校の先生や選手のおかげであり本当に感謝申し上げたいと思います。今年は去年よりももっとたくさんの学校の方が練習試合をしてくださったり、声をかけてくださったりとお世話になりました。県大会でもよい成績が残せるよう精進します。
 
  

0

R1 男子ソフトテニス部 新人大会東部地区予選結果報告

  925日(水)大宮第2公園にて新人戦東部地区大会個人戦が行われました。東部2部リーグの表彰を受けた後で行われました。前年度は3ペア県大会出場を決め、それを超える結果を出せるよう全員奮闘しました。また、地区予選免除の橋本・熊谷ペアは今回本部をお手伝いし、傍らで選手の応援をしていました。

結果小林・関根ペアが3位入賞、ベスト8に伊藤・沖山ペア、ベスト24に角田・吉岡ペアが入り県大会出場を果たしました。小林・関根ペアは32決めで危うい試合を見せるものの、その後は立ち直り強豪の選手に勝利し草加西高校では去年と引き続き賞状をいただく結果となりました。伊藤・沖山ペアは8決めでファイナルの4-6で相手リードの所を粘りを見せ、勝利しました。角田・吉岡ペアは終始落ち着いたプレーを見せ、敗者復活戦に回った時もいつも通りのプレーをし、勝利することができました。県大会に出場できなかった選手も、各々の夏に練習した成果を発揮するも一歩及ばずという所で今後の課題が見えた大会になりました。来年の春まで長い期間となりますが、辛抱強く頑張っていきたいと思います。また、県大会出場を決めた選手も県で勝ち進めるよう努力していきたいと思います

  
 
 
 

0