日誌

2019年5月の記事一覧

R1 男子ソフトテニス部 関東大会(団体)県予選2日目 結果報告


 

511日(土)、狭山智光山公園にて関東大会県予選の団体戦が行われました。先週の日曜日にベスト16に入った学校が集まり、行われました。対戦相手は毎年、関東大会やインターハイに出場している武蔵越生高校でした。お互い初戦ということもあり、何とかチャンスをつかめたら、と向かっていきました。

 結果は0-2で負けてしまいました。初戦は相手のよく切れるカットサーブでレシーブゲームが全く取ることができず、そしてなかなかラリーも続けることができず1-4負けました。続く2戦目は、こちらの調子がよく、相手のレシーブの調子が悪い等で3-1でリードすることができましたが、相手の脅威の粘りで追いつかれてしまい、3-4で負けてしまいました。

 ここ最近、今回の試合のようにリードしてもなかなか勝ちきれないという対戦が出てきて、あと1点をどうしっかり取るかということをもっと研究し、練習をしていかないといけないということが本当にわかりました。6月のインターハイ予選ではもっと上位に切り込んでいけるよう努力していこうと思います。


  

0

R1 男子ソフトテニス部 関東大会(団体)県予選1日目 結果報告


55日(日)、彩の国くまがやドームにて団体戦が行われました。初戦が大宮開成高校との対戦でしたが3-0で勝利し、インターハイ県予選への出場権を手にすることができました。2回戦では与野高校と対戦しました。ここに勝つとベスト16になり、511日(土)に狭山智光山公園で行われる2日目につなげられることもあり、奮闘しました。結果は2-0で勝利することができ、2日目につなげることができました。しかし、2本とも3-2リードから巻き返され、ファイナルゲームにもつれ込む心臓に悪い試合内容でした。団体戦の空気の中、よくできたプレーもありましたが、ダブルフォルトやレシーブミス等、2日目では致命的となるミスも多く見られた試合でした。来週の試合に向けて調整していきたいと思います。とはいえ、関東予選で2日目につなげることができたのは私が知る限りでは初めてであり、個人戦の惜敗を生かし、よくがんばったと思っています。次の対戦は超強豪校の武蔵越生高校です。挑戦者として、向かっていきたいと思います。

   

 

 

 



  

0

R1 男子ソフトテニス部 関東大会県予選(個人)結果報告

 

53日(金)に狭山智光山公園で関東大会県大会個人戦が行われました。草加西高校からは橋本・関根ペア、浅井・佐藤ペアが出場しました。

浅井・佐藤ペアは初戦、蕨高校との対戦でした。お互い練習試合も何度かしたことのある強敵で、気合を入れて臨みました。県大会の舞台でお互いの緊張のせいか3-1でリードすることができましたが、その後ずるずる点差をつめられ、3-4で敗退してしまいました。

 橋本・関根ペアは初戦、豊岡高校と当たり4-1で勝利しました。次に熊谷工業高校と当たりました。枠外で県大会に出場している強敵でしたが向かっていきました。しかし2-4で敗退しました。

両ペアともデュースの続くゲームが何度かありましたが、相手に脅威の粘りを見せられたり、自分がプレッシャーでミスをしてしまったりと県の舞台での1点の重みを改めて感じることができました。2日後の団体戦に向けて頑張っていきます。


 
 

0