日誌

2018年11月の記事一覧

H30 男子ソフトテニス部 新人大会県大会(団体)の結果報告

 

11月14日(水)、狭山智光山公園にて新人戦県大会団体戦が行われました。1回勝つとベスト16ということで12月に行われる県インドア大会の参加権利を得ることができるということでまずはそこを目指して臨みました。初戦が北部地区準優勝の熊谷高校との対戦でした。枠外選手がいる学校でもあり、かなり気負って臨んだ試合でもありました。結果は2-1でなんとか勝利することができました。続く2回戦は、去年も一昨年も対戦した川越高校との試合でした。2年とも負け続けましたが今年こそ、と意気込んで試合をし、2-0で勝利することができました。この時点でベスト8に入り、3月に行われるさいたまカップに出場できることになりました。3回戦は熊谷工業高校との対戦でした。1-1で並び、3本勝負になりファイナルまで行く接戦の末、なんとか勝利することができました。次の準決勝では川越東高校との対戦で0-2で敗退しました。

結果県大会でベスト4に入ることができました。来年行われる関東大会に団体で出場できる位置にいることになりました。しかし準々決勝までは接戦をすることができましたが、準決勝では2ペアとも0-4であっさり負けてしまい、県大会の準決勝というステージで戦うには草加西高校はまだまだ力が足りていないということが実感できました。このステージで戦えないと関東大会に出場してもすぐに負けてしまいます。この冬もっと精進していかないといけないことを感じました。とはいえ、県大会でベスト4に入るという草加西史上初の快挙を成し遂げることができました。県大会の大舞台で選手はいつも通りにプレーすることができました。それはたくさんの練習の成果が出たということでもあり、応援の選手の後押しもあったからこそということで、チームのレベルが1つ上がった結果だと思っています。そして何より、東部地区の学校の方々始め、草加西高校と練習試合や、練習をしてくださった学校の方々のおかげだと思っています。この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。12月のインドア大会、3月のさいたまカップでも良い結果を出せるよう精進していきます。
 
 
 


0

H30 男子ソフトテニス部 新人大会県大会(個人戦)の結果報告

  11月10日(土)、熊谷さくら運動公園にて新人戦県大会個人戦が行われました。草加西高校からは浅井・佐藤ペア、佐々木・熊谷ペア、角田・関根ペアが出場しました。この新人戦、来年埼玉県で行われる関東大会の先駆けとなる大会でもあり、ベスト16以上に入ると関東大会に出ることができる位置にいるということになるのでその位置を目指して試合に臨みました。角田・関根ペアは武蔵越生高校のペアと対戦し奮闘しましたが1-4で敗退しました。浅井・佐藤ペアは初戦、浦和高校のペアに4-1で勝利し、2回戦で北部地区準優勝の本庄東高校のペアに奮闘するも2-4で敗退しました。ベスト64ということで関東大会にはまだ二歩及ばずということでした。佐々木・熊谷ペアは初戦、浦和南高校のペアに4-0で勝利し、2回戦で熊谷工業高校のペアに4-2で勝利しました。この時点でベスト32に入ることができ、あと1回勝つとベスト16に入れるという所まで行きましたが、次の対戦が、地区予選の準決勝でも当たった昌平高校のペアに当たり、2-4で敗退しました。地区予選の時は0-4で敗退していたので1つ進化していましたが、まだベスト16に入るには力が足りないと実感した結果となりました。

 2年生は修学旅行から帰ってきた次の日に県大会ということで疲労の中でしたが力が通用する場面結構あり、夏の成果が良く出ていてよくがんばったと思います。しかし、上位校と試合をするにはまだ対抗する力が足りないことも分かりました。1114日(水)には団体戦の県予選もあります。まずはここで勝ち抜けるよう精進していきます。

 

0

H30 男子ソフトテニス部 近県大会の結果報告

 

11月4日(日)、栃木市総合運動公園にて近県大会が行われました。関東圏内の強豪校がたくさん参加する大会ということで、草加西高校も力試しで佐々木・熊谷ペア、角田・佐藤ペア、橋本・関根ペア、大堀・沖山ペアの4ペアが参加しました。

大堀・沖山ペアは栃木県のさくら清州高校の選手と戦い、3-4で敗退しました。2-3の相手リードの中で14-12のデュースを制し、ファイナルゲームまでこぎつけましたが、惜敗しました。

橋本・関根ペアは初戦栃木県の小山高校の選手に4-1で勝利し、2回戦に埼玉県の川越東高校の選手に3-4で敗退しました。2回戦の相手は新人県大会を枠外で通過しているかなり強者でしたが、2-3の相手リードの中、粘り強く食らいつきファイナルまで持ち込みましたが、ファイナルでは力の差が徐々に出始め、2-7で負けてしまいました。

角田・佐藤ペアは初戦栃木県の黒磯高校の選手に4-1で勝利し、2回戦は埼玉県の鴻巣高校の選手に3-4で敗退しました。実は角田君は、体調不良の選手の代打の出場でしたが佐藤君の援護の中大活躍を見せ埼玉県北部地区ベスト4の相手に善戦することができました。

佐々木・熊谷ペアは初戦栃木県の宇都宮白楊高校の選手に4-2で勝利し、2回戦は栃木県の栃木高校の選手に4-1で勝利し、3回戦で埼玉県の川口市立高校の選手に0-4で敗退しました。初戦は危なげな部分があったものの、1番手らしい試合を初戦、2回戦と見せてくれましたが、3回戦では格上の相手の速く、正確な攻撃に翻弄されてしまい、力の差を感じた試合でありました。

県大会前の力試しという目的での参加でしたが、練習の成果を見せた試合でもあり、関東大会に出場するにはまだまだ力不足であるということも感じることができた有意義な大会でした。運営してくださった方々、対戦してくださった学校の皆様ありがとうございました。

 

0