日誌

2018年10月の記事一覧

男子ソフトテニス部・H30 草加市内大会の結果報告

 

10月8日(月)、草加南高校にて草加市内大会が行われました。今年は草加市主催ではなく、草加南高校の神藤先生主催の非公式な大会ではありましたが、新人戦が終わり、結果を出せたペアは気をひきしめられるような、結果を出せなかったペアは奮起するような位置づけであり、とても有意義な大会となりました。前年度と同様、3~4ペアのリーグ戦を18ブロックで行い、各リーグ1位と2位が決勝トーナメントに進出し競うという形の大会でした。決勝トーナメントへは角田・田中ペア、小林・稲葉ペア、谷地・齋藤ペア、鈴木・吉岡ペア、政野・町田ペア、大堀・沖山ペア、橋本・関根ペア、佐々木・熊谷ペア、浅井・佐藤ペアの9ペアが進出することができました。トーナメントは佐々木・熊谷ペアが3位、橋本・関根ペアが準優勝、浅井・佐藤ペアが優勝することができました。準優勝することができた橋本・関根ペアは、新人地区予選ベスト4なった佐々木・熊谷ペアに準決勝で当たり、1-3リードされるも驚異の粘りでファイナルゲームまでいき、ファイナルでもデュースが続く接戦の末、準優勝までこぎつけました。また、浅井・佐藤ペアはいつも勝てなかったペアに勝ち抜いての優勝でした。この他にも、鈴木・吉岡ペアは地区予選では2回戦敗退ではありましたが、トーナメントで相手校の県大会出場を決めたペアに勝ち抜いてベスト8までこぎつける下剋上を見せる場面もありました。この他も、地区予選では思うように力が出せなかったペアも善戦していて、夏の成果が存分に出せたと思いました。この結果を励みに11月に行われる県大会も頑張っていきたいと思います。大会を運営してくださった草加南高校の神藤先生、伊藤先生、対戦してくださった草加南高校、草加高校の生徒のみなさん、ありがとうございました。


    
 

0