日誌

2018年7月の記事一覧

男子ソフトテニス部・H30 埼玉県選手権県大会結果報告

 

722日(日)に熊谷さくら運動公園で埼玉県選手権大会県大会が行われました。各地区で勝ち上がってきたペアや、関東大会、インターハイ出場選手などあわせて65ペアが出場した大会でした。草加西高校からは先週地区予選で勝ち上がった矢澤・熊谷ペアが参加しました。3年生の矢澤君にとっては最後の県大会、1年生の熊谷君にとっては初めての県大会ということで印象深い県大会となりました。

 結果、1回戦の浦和南高校のペアに4-2で勝ち、2回戦の川越東高校のペアに3-4で敗退しました。最高気温38℃という酷暑の中行われた大会でもあり、要所要所で集中が途切れた様子も見せましたが、後衛の矢澤君はしっかりつなげ、前衛の熊谷君は1年生ながら積極的なプレーを本番で見せることができました。敗退した試合では、相手選手はそれをさらに上回る集中力や、堅実なプレーをして、最後ファイナルまで持ち込みましたが、こちらの集中力が切れて負けてしまいました。プレーをしていた本人はもちろん、応援していた部員も何ができないと県大会で勝ち進めないかを知ることができ、勉強になった試合でした。

 これで、3年生の矢澤君、マネージャーの大間さんが完全に引退となり、草加西高校は本当の意味での新体制が始まります。今日見ることができた試合はもちろん、今まで3年生が見せてくれた試合や背中を胸に更に男子ソフトテニス部を盛り上げてまいります。

  


 

0

男子ソフトテニス部・H30 埼玉県選手権大会東部地区予選結果報告

  714日(土)にそうか公園、加須市民公園、昌平高校で埼玉県選手権大会東部地区大会が行われました。東部地区では10個のトーナメントが組まれ各々のトーナメントで優勝すると県大会に出場できる(東部地区からは10ペア出場できる)という大会でした。1年生にとっては高校に入って練習してから臨む初めての大会であり、2年生は、新チームの中心としてどれだけできるか力ためしの意味の大会であり、そして3年生はエントリーできる最後の公式大会であり、といういろいろな意味で大切な大会でした。

 結果、各トーナメントのベスト4に佐々木(颯)・佐々木(柊)ペア、準優勝に浅井・佐藤ペア、そして矢澤・熊谷ペアが優勝しました。草加西高校からは1ペア県大会に出場できました。1年生が入って約3カ月、チーム一丸となって練習をしてきましたが、接戦しデュースが続くもゲームを落とすというペアが多数いてまだまだ勝ち進んでいくには未熟な状態であるということが分かった大会でした。悔しい思いを胸にこの夏精進してまいります。また7月22日(日)の県大会に進めることとなった矢澤・熊谷ペアは1つでも多く勝ち進んで良い結果を報告できるようがんばります。

 


  

0