日誌

2018年5月の記事一覧

H30 男子ソフトテニス部 関東大会県予選結果報告

  54日(金)に狭山智光山公園で関東大会県大会個人戦が行われました。草加西高校からは橋本・町田ペア、浅井・藤田ペア、政野・佐藤ペア、矢澤・佐々木(柊)ペアが出場しました。橋本・町田ペアは所沢高校の、浅井・藤田ペアは埼玉平成高校の、政野・佐藤ペアは松山高校の団体メンバーと初戦で当たり、強豪校の強さを目の当たりにできた試合でした。結果は初戦敗退でしたが、強豪校相手にねばり強く試合をしていたと感じています。

 矢澤・佐々木(柊)ペアは初戦坂戸西高校のペアに当たり4-0で勝利し、2回戦で川越東高校のペアに4-1で勝利しました。この時点でベスト32に入ることができました。新人戦ではベスト64だったので1つ成長を見せた試合でもありました。あと1回勝つと関東大会に出場できるという場面で松山高校のペアに当たり、2-4で敗退しました。強豪校相手に競った良い試合内容ではありましたが、何でもないミスが試合の勝敗を決めるということを痛感した試合でもありました。関東大会に出ることができるペア数は埼玉県では20ペアなので、敗者復活戦に進むことができました。2回勝つと関東大会に出場できるという場面でしたが、敗者復活戦1回戦で川越高校のペアに当たり、1-4で敗退しました。県大会で勝ち抜くにはまだ精進しなくてはいけないことが分かりました。

 また56(日)、彩の国くまがやドームにて団体戦が行われました。初戦が羽生第一高校との対戦でしたが3-0で勝利し、インターハイ県予選への出場権を手にすることができました。2回戦では埼玉平成高校と対戦しました。実は草加西高校では今の3年生が1年生の時に関東県予選団体でベスト16をかけて対戦していました。その時は3本勝負中、1本も勝てず惨敗だったので、今回は勝利できるよう向かっていきましたが、結果は1-2で負けてしまいました。途中1-1になって3本目の勝負となりました。0-3から巻き返しましたが、3本目は2-4で負けという内容でした。2年前より競った試合ができるようになりましたが、強豪校に勝つにはまだまだ練習が必要と感じた試合でした。

 1年生も加わり、応援の力がかなり強くなったと感じています。この調子でチーム力も上がっていければよいと思います。個人戦では2ペア、そして団体戦で6月インターハイ予選に出場します。その大会で良い報告ができるようがんばってまいります。
 

 

 

 

 

 

 

0