日誌

5校合同練習試合&第15回埼玉県武道大会弓道大会

11月25日(土)に大宮公園弓道場で5校合同の練習試合を行いました。当日は晴天でしたが肌を刺すような寒さでした。女子は3月の東日本、男子は4月の関東予選に向けて県大会の会場である大宮公園で弓が引ける貴重な機会でした。

参加校:羽生第一・栗橋北彩・久喜北陽・狭山清陵

午前、午後ともに予選2立ちのちトーナメント

午前優勝 女子A(横川・伊藤・盛武)60射35中

午前2位 女子D(高島・伊津野・小野)60射22中

午後優勝 女子B(伊藤・後藤・横川)60射22中

午後2位 女子A(盛武・中村・小野)60射26中

今回の反省点は、立ちの前のルーティンを疎かにしてしまったことです。緊張せず練習していても上位大会での招集でやられてしまうので、待つ練習を必ず大切にしましょう。

羽生第一の森先生と、トイレのスリッパが散らかっていて残念という話をしました。こういうチームは上位大会にでる資格はありません。参加した者は重く受け止めてください。

11月26日(日)に県立武道館で第15回埼玉県武道大会弓道大会が行われました。本校が所属する県南支部は男子草加西と川口北、女子草加西と松伏でチームを組み、成年の方とも合同で他の支部と対戦しました。

5人制2立ち、高校・一般の累計160射の積み上げ戦

団体優勝 県南支部(齋藤・金澤・北舘・岩渕・吉田・大津)

個人2位 大津

個人3位 吉田

個人4位 齋藤

本校は4的なので練習できない貴重な5人制、かつ他の高校さんと合同チーム、成年の方とも関わるという非常に面白い大会でした。こういったときに矢声の大切さが改めてわかると思います。まずは普段の練習で適当に発声するのではなく、大きく気持ちを乗せて発声してください。

一緒に組んだ川口北・松伏さんありがとうございました。この優勝をきっかけに他校の頑張っている同級生とも交流が深まればいいなと思います。