日誌

【剣道部】2022年10月~11月 活動報告

10月23日(日)1級審査(スポーツ総合センター)

草加西高校剣道部の1年生は2名いるのですが、どちらも高校から剣道を始めた初心者になります。この日は、昇段審査を受けるために必要な初級審査のある日でした。初級審査では、剣道の基本を習得できているかを確認します。当日は、生徒だけで会場に行き、審査を受けてきたのですが、昼過ぎに「合格しました」と連絡が入りました。生徒らは「ほっとした」と思います。練習を振り返れば、なかなか覚えられなくて、嫌になってしまったり、厳しい練習に、辛くなってしまったり、うまくいかなくて自信が持てなかったりしたこともあったと思います。自分たちが取り組んできたことが、「合格」という形で評価されたことで、少しは自信にもつながったと思います。これからの取り組みにも前向きになってほしいと思います。本当に1年生は努力しましたね。お疲れさまでした。(次は初段審査fight!)

 

11月6日(日)東部支部秋季新人大会(不動岡高校)

新チームになって、初めての公式戦(団体戦)でした。女子は2名しかいないため、参加していません(合同チームにも参加していない)。男子は、この日をかなり楽しみにしていたと思います(顧問が見る限り)。初戦の相手は、久喜北陽でした。毎年のように、この秋の公式戦でトップ3とかに入る学校です。生徒らには、「学校名ではなく、相手の選手だけを見ろ」と伝えました。また草加西は、公式戦では生徒同士のミーティングを大切にしています。この日も生徒同士でしっかりと確認してから望むようにと伝えました。結果としては、敗れてしましましたが、一方的に負けたようには感じませんでした。この夏に取り組んだことに、足りないものがあったから負けたという見方もできます。反省点を見つけ、次に生かしてほしいです。

(写真忘れました。。。)

 

11月13日(日)練習試合(越谷総合技術総合)

東部地区以外の学校も何校か参加した練習試合に草加西高校も参加しました。

女子は初めての審判も経験しました。男子は、様々な学校と練習試合をし、自信につながったり、新たな課題が発見されたり、とてもいい時間を過ごすことができたと思います。この経験を次に生かしてほしいです。

また、準備、運営をしてくださった越谷総合技術高校(齊藤先生)、ありがとうございました。

(写真忘れました。。。)

 

11月17日(木)埼玉県剣道大会(県立武道館)

県大会(個人戦)が行われました。1年生女子2人(初心者)は初の公式戦でした。結果は初戦負けでしたが、会場や他校の部員の雰囲気、力差など色々なことが確認できたと思います。足りないこと、できていないことをあげたらキリがありません。2人には、「1つや2つでいいから、何を身につけるべきか、何に取り組むべきかを考え、練習しましょう」と伝えました。まだまだこれからの2人です。まずは、公式戦初戦お疲れさまでした。

男子は、2年手塚と2年藤代が出場しました。手塚は2回戦敗退、藤代は3回戦敗退(ベスト64)という結果になりました。この2人は春からこの会場で、出場していますが、やはり大会は緊張するようで、様子からも伝わってきました。大事な1回戦は、お互いに勝利し、ほっとしたと思います(藤代は延長のすえに勝利)。2回戦、3回戦では、お互いに、「勝ちきれない」といった印象でした。力は着実についている2人です。草加西を引っ張る2人です。焦らず、次の試合で勝ち続ける姿を魅せてほしいです。