日誌

【男子バスケ部】獨協大学 練習試合

男子バスケットボール部 Green Dragonsです!

 12月5日(土)に、獨協大学と練習試合をしました!本部では、年間4試合程度ですが、大学生・社会人カテゴリーとの試合を予定に組み込んでいます(12月・3月:南部研修試合、2月:市民大会、その他:練習試合)ひらめき

 大学生・社会人カテゴリーはファンダメンタル(基本となる身体能力・ボールハンドリング)が違います。身体接触点でのボール保持は難しいですが、新人戦から取り組んでいる攻守の切り換え(ランニング)ではリードを取ろう、と直前練習のミーティングで確認して挑みました。

 「練習の成果あり」です。シュートをねじ込むまでには至らないものの、ローポストへのワンマン速攻のシーンが数回あり、3人目・4人目(セカンド・サードカッター)のハイポストへのフォローアップも格段に増えました。

  獨協大学の学生たちは、我々高校生が相手でも手を抜く事なく、胸を貸してくれました。「バスケットにはこんなプレーもあるんだぞ」と最後まで肌で感じさせてくれていました。心から感謝です。今日のような経験を繰り返しながら練習し続ける事で、高校生はどんどん成長していけます。

 大学生は体格・脚力ともに力強く、草加西は終始苦しみましたが100分間(40分試合1本、20分試合3本)できる事をやり続けました。高校1年生と大学4年生では7歳年が違いますから、我々高校生は7年後に今日の大学生のようなプレーができれば良いのです。練習あるのみです。

 5月の関東予選へ向けて、草加西の2020年は引き続き走り、2021年初めはもう1つのディフェンス、3月からシュート・2on2・3on3に取り組みますひらめき

 

草加西(白)・獨協大学(黒)リングにビョンビョン跳ねていました

 

『正々堂々』

『県大会ベスト8』

1・2・3 G.D. !!!!