日誌

【女子バスケットボール部】新人大会東部支部予選ベスト4!決勝リーグ進出(途中結果)

 関東新人大会に繋がる埼玉県予選のための東部支部予選が行われています。夏の東部大会で準優勝したSNGD(草加西グリーンドラゴンズ)は第2シードで、そのDブロックは1番の激戦区と感じています。(私が思うところ) 

 1回戦草加西vs越ヶ谷 前日夜の大人クラブチーム「RIZING REDS」に初勝利し、仕上がった状態で臨んだ1回戦でしたが、出だしからミスが続きポロポロポロポロ。強い大人には集中して勝てても、同じ高校生には合わせてしまうのか? それでも途中からエンジンがかかり始め、1Qで25-5と大量リード。2Qは越ヶ谷さんもリズムを取り戻し、高確率のシュートを決め始めます。48-23で前半終了。3Q4Qはメンバーを入れ替えながらセーフティーリードを保ち、75-42で勝利しました。#6モモカが21点、#7マイが14点11Rのダブルダブル、#11ノノカが15点11Rのダブルダブル、#4ナナミと#10ヒナがそれぞれ10点で、スタート5人が2ケタ得点での勝利でした。

 2回戦草加西vs鷲宮 ウィンターカップ予選では対戦するはずがコロナで棄権し、県大会の切符を渡してしまった鷲宮高校との対戦。練習試合ではお互いスタートを欠いてトントンであり、16シードの中で1番やりたくなかった相手でした。勝てば県大会のプレッシャーか、最初のノーマークシュートを外し、その後3連続でシュートを外し、それでも我慢のディフェンスをし、ジリジリと点差を広げて1Q23-11。2Qも我慢のディフェンスを続け、39-25で前半終了。3Qで30点差としましたが、4Qは最大36点差とするも中盤から鷲宮のスリーが決まりだし、一気に追い上げムードに。残り2分40秒でベンチメンバーを全員投入し、追い上げられはしたものの85-61で勝利し、県大会出場を決めました。新人戦12年連続県大会出場です。#10ヒナ32点14Rのダブルダブル、#6モモカ24点9R9S7A。

 3回戦草加西vs越ヶ谷南 ブロック決勝は7位シードの越谷西高校を接戦で破ってきた越谷南高校。越谷西をスリーポイント10本で勝ってきたチームで、草加西戦も9本スリーを沈めてきました。草加西は1本。草加西の中と越谷南の外との戦いのようで、2Qは23-5となり、前半で46-19としました。後半は点差そのままで進み、3Qは16-20とまくられ、4Qも23-20とドロー。残り2分で全員出場し、85-61で勝利。ベスト4進出です。#ヒナ30点19Rのダブルダブル、#6モモカ14点14Rのダブルダブル、#7マイ13点12Rのダブルダブル。

 決勝リーグ第1戦 草加西vs久喜 ウインターカップ県予選2位の久喜高校相手に、どこまで草加西バスケットが通用するか? 前日のロードレース大会をスタート5人は役員参加とし、全てをこの1戦にかけた戦い。1Qは謎のスリー2本が決まり、リードするもフリースローを外して18-19。2Qも相手のビックマンには仕事させず、バウンズパスの合わせは有効に決まるのですが、相手のスリーに対応できず、その前にトラベリングなどのターンオーバーが止まらず、32-36で折り返しました。ミスがなければと思いますが、ミスを誘発されていたかもしれません。それが王者との戦いであり、余裕がないチームの崩れ方なのです。前半は十分に戦えました。がしかし、体力の削られる後半、なんとか3Qまで10点差で食らいつくも4Qでガス欠となり、4Qだけで28点取られて56-80で試合終了。何本かいい合わせはあったものの、ターンオーバーが42本じゃ勝てません。3Qまで戦えたことは事実。これを4Qまで残して戦えるようにしていきます。ジャイアントキリングはできなかったものの、次の試合に繋がるナイスゲームでした。(点差は離れましたが…衝撃・ガーン)あと2試合リーグ戦は続きます。最終日まで試合ができることが素晴らしいこと。