日誌

男子ソフトテニス部活動日誌

H30 男子ソフトテニス部 新人大会県大会(個人戦)の結果報告

  11月10日(土)、熊谷さくら運動公園にて新人戦県大会個人戦が行われました。草加西高校からは浅井・佐藤ペア、佐々木・熊谷ペア、角田・関根ペアが出場しました。この新人戦、来年埼玉県で行われる関東大会の先駆けとなる大会でもあり、ベスト16以上に入ると関東大会に出ることができる位置にいるということになるのでその位置を目指して試合に臨みました。角田・関根ペアは武蔵越生高校のペアと対戦し奮闘しましたが1-4で敗退しました。浅井・佐藤ペアは初戦、浦和高校のペアに4-1で勝利し、2回戦で北部地区準優勝の本庄東高校のペアに奮闘するも2-4で敗退しました。ベスト64ということで関東大会にはまだ二歩及ばずということでした。佐々木・熊谷ペアは初戦、浦和南高校のペアに4-0で勝利し、2回戦で熊谷工業高校のペアに4-2で勝利しました。この時点でベスト32に入ることができ、あと1回勝つとベスト16に入れるという所まで行きましたが、次の対戦が、地区予選の準決勝でも当たった昌平高校のペアに当たり、2-4で敗退しました。地区予選の時は0-4で敗退していたので1つ進化していましたが、まだベスト16に入るには力が足りないと実感した結果となりました。

 2年生は修学旅行から帰ってきた次の日に県大会ということで疲労の中でしたが力が通用する場面結構あり、夏の成果が良く出ていてよくがんばったと思います。しかし、上位校と試合をするにはまだ対抗する力が足りないことも分かりました。1114日(水)には団体戦の県予選もあります。まずはここで勝ち抜けるよう精進していきます。

 

0

H30 男子ソフトテニス部 近県大会の結果報告

 

11月4日(日)、栃木市総合運動公園にて近県大会が行われました。関東圏内の強豪校がたくさん参加する大会ということで、草加西高校も力試しで佐々木・熊谷ペア、角田・佐藤ペア、橋本・関根ペア、大堀・沖山ペアの4ペアが参加しました。

大堀・沖山ペアは栃木県のさくら清州高校の選手と戦い、3-4で敗退しました。2-3の相手リードの中で14-12のデュースを制し、ファイナルゲームまでこぎつけましたが、惜敗しました。

橋本・関根ペアは初戦栃木県の小山高校の選手に4-1で勝利し、2回戦に埼玉県の川越東高校の選手に3-4で敗退しました。2回戦の相手は新人県大会を枠外で通過しているかなり強者でしたが、2-3の相手リードの中、粘り強く食らいつきファイナルまで持ち込みましたが、ファイナルでは力の差が徐々に出始め、2-7で負けてしまいました。

角田・佐藤ペアは初戦栃木県の黒磯高校の選手に4-1で勝利し、2回戦は埼玉県の鴻巣高校の選手に3-4で敗退しました。実は角田君は、体調不良の選手の代打の出場でしたが佐藤君の援護の中大活躍を見せ埼玉県北部地区ベスト4の相手に善戦することができました。

佐々木・熊谷ペアは初戦栃木県の宇都宮白楊高校の選手に4-2で勝利し、2回戦は栃木県の栃木高校の選手に4-1で勝利し、3回戦で埼玉県の川口市立高校の選手に0-4で敗退しました。初戦は危なげな部分があったものの、1番手らしい試合を初戦、2回戦と見せてくれましたが、3回戦では格上の相手の速く、正確な攻撃に翻弄されてしまい、力の差を感じた試合でありました。

県大会前の力試しという目的での参加でしたが、練習の成果を見せた試合でもあり、関東大会に出場するにはまだまだ力不足であるということも感じることができた有意義な大会でした。運営してくださった方々、対戦してくださった学校の皆様ありがとうございました。

 

0

男子ソフトテニス部・H30 草加市内大会の結果報告

 

10月8日(月)、草加南高校にて草加市内大会が行われました。今年は草加市主催ではなく、草加南高校の神藤先生主催の非公式な大会ではありましたが、新人戦が終わり、結果を出せたペアは気をひきしめられるような、結果を出せなかったペアは奮起するような位置づけであり、とても有意義な大会となりました。前年度と同様、3~4ペアのリーグ戦を18ブロックで行い、各リーグ1位と2位が決勝トーナメントに進出し競うという形の大会でした。決勝トーナメントへは角田・田中ペア、小林・稲葉ペア、谷地・齋藤ペア、鈴木・吉岡ペア、政野・町田ペア、大堀・沖山ペア、橋本・関根ペア、佐々木・熊谷ペア、浅井・佐藤ペアの9ペアが進出することができました。トーナメントは佐々木・熊谷ペアが3位、橋本・関根ペアが準優勝、浅井・佐藤ペアが優勝することができました。準優勝することができた橋本・関根ペアは、新人地区予選ベスト4なった佐々木・熊谷ペアに準決勝で当たり、1-3リードされるも驚異の粘りでファイナルゲームまでいき、ファイナルでもデュースが続く接戦の末、準優勝までこぎつけました。また、浅井・佐藤ペアはいつも勝てなかったペアに勝ち抜いての優勝でした。この他にも、鈴木・吉岡ペアは地区予選では2回戦敗退ではありましたが、トーナメントで相手校の県大会出場を決めたペアに勝ち抜いてベスト8までこぎつける下剋上を見せる場面もありました。この他も、地区予選では思うように力が出せなかったペアも善戦していて、夏の成果が存分に出せたと思いました。この結果を励みに11月に行われる県大会も頑張っていきたいと思います。大会を運営してくださった草加南高校の神藤先生、伊藤先生、対戦してくださった草加南高校、草加高校の生徒のみなさん、ありがとうございました。


    
 

0

男子ソフトテニス部・H30 新人大会東部地区予選結果報告

   925日(火)大宮第2公園、929日(土)昌平高校にて新人戦東部地区大会個人戦が行われました。前年度は3ペア県大会出場を決め、それを超える結果を出せるよう全員奮闘しました。結果佐々木・熊谷ペアが3位入賞、ベスト24に浅井・佐藤ペア、橋本・関根ペアが入り県大会出場を果たしました。佐々木・熊谷ペアは途中、前日の団体戦で負けたペアに0-3でリードされるも、巻き返し勝利するという粘り強さを見せ草加西高校では2年ぶりの賞状をいただく結果を出すことができました。県大会に出場できなかった選手も、各々の夏に練習した成果を発揮するも一歩及ばずという所で今後の課題が見えた大会になりました。

また928日(金)に大宮第2公園で行われました。前年度は3位入賞ということで、それに続けるようがんばりました。初戦三郷北高校に3-0で勝利、2回戦は春日部高校に0-2で敗退し、敗者復活戦で白岡高校に2-0で勝利し結果は5位で県大会出場となりました。試合内容は悪くはありませんでしたが、やはり団体戦ということで前回の東部リーグと同様にプレッシャーがかかった場面でミスをしてしまったり、相手の良いプレーが出てきたりしたところでメンタル面の弱さが出てしまった所があり、入賞には至りませんでした。しかし、前回の東部リーグの時よりも、劣勢でもしっかりとしたプレーを見せたり、応援も一致団結したりとチームとして少し成長が見えた大会となりました。

 だんだんと県大会に行くことができるチームになっていっていると思います。それは選手の成果もありますが、だんだんと草加西高校に関わってくださる方々や学校が増えていったおかげと感じています。草加西高校に関わってくださった方々、本当にありがとうございました。11月の県大会もよい結果を出せるようチーム一丸となって精進していきたいと思います。


 
   
  
   
 

0

男子ソフトテニス部 H30 夏季東部リーグ結果報告

   823日(木)に春日部工業高校で東部1部リーグが行われました。参加校は昌平、春日部工業、春日部、草加南、そして草加西高校の5校で、団体戦形式で行われました。前回の春季東部リーグで15年ぶりに1部リーグに昇格でき、新チームがその成績を引き継ぎ先輩の意志を胸に奮闘しました。

 結果昌平高校が全勝で1位、草加南高校が3勝1敗で2位、春日部工業、春日部、草加西高校が1勝3敗で並び、得失ゲーム数を比べた結果、プラス3ゲームで春日部高校が3位、マイナス1ゲームで春日部工業高校が4位、マイナス2ゲームで草加西高校が5位となり、2部に降格してしまいました。いつもは良い勝負する相手にあっという間に負けていたり、競った試合で勝ち切れていなかったりする場面が多かったです。2日前の個人戦では力を発揮できていた団体メンバーが、団体戦になりいつもどおり動けていない場面があったように見えました。新チームになり初めての団体戦、やはりチームを背負う重圧がプレッシャーとなっていたと思います。団体戦で力を発揮できてこそ真に強いチームであると思います。団体メンバーは次の新人戦で雪辱をはらせるように、応援する人はもっと団体メンバーの力を引き出せるように精進していきたいと思います。
  
 
 


0

男子ソフトテニス部・H30 東部支部大会(個人戦)結果報告

  820日(月)に久喜総合運動公園、白岡市民テニスコート、そうか公園の3会場で東部支部大会の個人戦が行われました。過去の個人戦でベスト64以上に入る等の成績がまだ残せていない選手はⅡ部として久喜総合公園、白岡市民コートで、成績が残せている選手はⅠ部としてそうか公園で行われた大会でした。猛暑の中がんばって練習してきた成果を試す場として気合をいれて全員臨みました。形式が、4ペアか5ペアのリーグがいくつか組まれ、Ⅰ部では1位と2位に、Ⅱ部では1位になった選手が決勝トーナメントに勝ち進み優勝を目指すというものでした。

 結果、Ⅰ部リーグでは佐々木・熊谷ペア、浅井・佐藤ペアが1位通過、橋本・関根ペアが2位通過で決勝トーナメントに進出しました。1位の決勝トーナメントでは初戦が佐々木・熊谷ペアと浅井・佐藤ペアの同校対決となり、浅井・佐藤ペアが勝ち進み、その後草加南のペアに3-4で敗退してしまいました。2位の決勝トーナメントでは橋本・関根ペアが優勝することができました。Ⅱ部では大堀・沖山ペア、角田・松本ペア、多田・鈴木ペアが決勝トーナメントに進むことができました。決勝トーナメントでは大堀・沖山ペアが優勝することができました。

 この夏、ありがたいことに去年よりも更に多くの学校と練習試合をすることができ、練習の内容も更に濃いものになっていました。そして、例年にない位暑い日々の中辛抱して練習してきた結果が優勝することができたペアはもちろん、その他参加した選手に見られた大会でした。Ⅰ部1位トーナメントで勝ち上がった浅井・佐藤ペアが当たった相手は8月上旬では0-4であっさり負けていた相手にファイナルゲームまで粘れるようになりましたし、Ⅱ部のトーナメントで優勝した大堀・沖山ペアはここ最近の練習試合でなかなか勝てない中粘り強く練習を重ねての結果でした。成果はありましたが、もちろん課題も見つかった大会でした。団体メンバーは823日の夏季東部リーグに向けて、そして全員、1か月後の新人戦に向けて更に精進していきたいと思います。

   
   
       
     
 


 

0

男子ソフトテニス部・H30 埼玉県選手権県大会結果報告

 

722日(日)に熊谷さくら運動公園で埼玉県選手権大会県大会が行われました。各地区で勝ち上がってきたペアや、関東大会、インターハイ出場選手などあわせて65ペアが出場した大会でした。草加西高校からは先週地区予選で勝ち上がった矢澤・熊谷ペアが参加しました。3年生の矢澤君にとっては最後の県大会、1年生の熊谷君にとっては初めての県大会ということで印象深い県大会となりました。

 結果、1回戦の浦和南高校のペアに4-2で勝ち、2回戦の川越東高校のペアに3-4で敗退しました。最高気温38℃という酷暑の中行われた大会でもあり、要所要所で集中が途切れた様子も見せましたが、後衛の矢澤君はしっかりつなげ、前衛の熊谷君は1年生ながら積極的なプレーを本番で見せることができました。敗退した試合では、相手選手はそれをさらに上回る集中力や、堅実なプレーをして、最後ファイナルまで持ち込みましたが、こちらの集中力が切れて負けてしまいました。プレーをしていた本人はもちろん、応援していた部員も何ができないと県大会で勝ち進めないかを知ることができ、勉強になった試合でした。

 これで、3年生の矢澤君、マネージャーの大間さんが完全に引退となり、草加西高校は本当の意味での新体制が始まります。今日見ることができた試合はもちろん、今まで3年生が見せてくれた試合や背中を胸に更に男子ソフトテニス部を盛り上げてまいります。

  


 

0

男子ソフトテニス部・H30 埼玉県選手権大会東部地区予選結果報告

  714日(土)にそうか公園、加須市民公園、昌平高校で埼玉県選手権大会東部地区大会が行われました。東部地区では10個のトーナメントが組まれ各々のトーナメントで優勝すると県大会に出場できる(東部地区からは10ペア出場できる)という大会でした。1年生にとっては高校に入って練習してから臨む初めての大会であり、2年生は、新チームの中心としてどれだけできるか力ためしの意味の大会であり、そして3年生はエントリーできる最後の公式大会であり、といういろいろな意味で大切な大会でした。

 結果、各トーナメントのベスト4に佐々木(颯)・佐々木(柊)ペア、準優勝に浅井・佐藤ペア、そして矢澤・熊谷ペアが優勝しました。草加西高校からは1ペア県大会に出場できました。1年生が入って約3カ月、チーム一丸となって練習をしてきましたが、接戦しデュースが続くもゲームを落とすというペアが多数いてまだまだ勝ち進んでいくには未熟な状態であるということが分かった大会でした。悔しい思いを胸にこの夏精進してまいります。また7月22日(日)の県大会に進めることとなった矢澤・熊谷ペアは1つでも多く勝ち進んで良い結果を報告できるようがんばります。

 


  

0

H30 男子ソフトテニス部 インターハイ県予選結果報告


  69日(土)に狭山智光山公園で学校総合体育大会(インターハイ)県大会個人戦が行われました。草加西高校からは佐々木()・佐藤ペア、矢澤・佐々木(柊)ペアが出場しました。佐々木(颯)・佐藤ペアは1回戦で川越東高校のペアにあたり0-4で敗退しました。1ゲーム目、デュースが続く接戦を繰り広げるものの、その後徐々に力の差が出てきてそのまま負けてしまいました。矢澤・佐々木(柊)ペアは初戦山村学園高校のペアに当たり4-3で辛勝しました。続く2回戦で埼玉平成高校のペアに当たり0-4で敗退しました。格上相手との対戦でしたが、自分の代の最後の大会とあり、プレッシャーで思い切った動きがなかなかできない試合だったと感じています。

 また613日(水)に熊谷さくら運動公園で団体戦が行われました。初戦は豊岡高校との対戦でした。ここでも3年生最後の大会というプレッシャーからか、1本目の佐々木(颯)・佐藤ペアは思うようなプレーが出来ず、1-4で敗退。2本目の矢澤・佐々木(柊)ペアは4-0で勝利。3本目の赤石・藤田ペアは、途中何度もデュースが続く接戦の末2-4で敗退しました。結果1-2で初戦敗退となりました。プレッシャーの中、自分のプレーをするのにはもっと練習、経験をしないといけないということを目の当たりにした試合でした。

 これで3年生が引退となりました。7月の選手権大会に残る3年生もいますが、ここで世代交代となりました。今の3年生の代は前の代よりもたくさんの高校に練習試合をしていただいたり、たくさんの先生方からアドバイスをいただいたりした代でもありました。本当にありがとうございました。これからは2年生が3年生のバトンを受け取って草加西高校を盛り上げてまいりますので今後とも草加西高校をよろしくお願いいたします。


   

 

 

   

0

H30 男子ソフトテニス部 関東大会県予選結果報告

  54日(金)に狭山智光山公園で関東大会県大会個人戦が行われました。草加西高校からは橋本・町田ペア、浅井・藤田ペア、政野・佐藤ペア、矢澤・佐々木(柊)ペアが出場しました。橋本・町田ペアは所沢高校の、浅井・藤田ペアは埼玉平成高校の、政野・佐藤ペアは松山高校の団体メンバーと初戦で当たり、強豪校の強さを目の当たりにできた試合でした。結果は初戦敗退でしたが、強豪校相手にねばり強く試合をしていたと感じています。

 矢澤・佐々木(柊)ペアは初戦坂戸西高校のペアに当たり4-0で勝利し、2回戦で川越東高校のペアに4-1で勝利しました。この時点でベスト32に入ることができました。新人戦ではベスト64だったので1つ成長を見せた試合でもありました。あと1回勝つと関東大会に出場できるという場面で松山高校のペアに当たり、2-4で敗退しました。強豪校相手に競った良い試合内容ではありましたが、何でもないミスが試合の勝敗を決めるということを痛感した試合でもありました。関東大会に出ることができるペア数は埼玉県では20ペアなので、敗者復活戦に進むことができました。2回勝つと関東大会に出場できるという場面でしたが、敗者復活戦1回戦で川越高校のペアに当たり、1-4で敗退しました。県大会で勝ち抜くにはまだ精進しなくてはいけないことが分かりました。

 また56(日)、彩の国くまがやドームにて団体戦が行われました。初戦が羽生第一高校との対戦でしたが3-0で勝利し、インターハイ県予選への出場権を手にすることができました。2回戦では埼玉平成高校と対戦しました。実は草加西高校では今の3年生が1年生の時に関東県予選団体でベスト16をかけて対戦していました。その時は3本勝負中、1本も勝てず惨敗だったので、今回は勝利できるよう向かっていきましたが、結果は1-2で負けてしまいました。途中1-1になって3本目の勝負となりました。0-3から巻き返しましたが、3本目は2-4で負けという内容でした。2年前より競った試合ができるようになりましたが、強豪校に勝つにはまだまだ練習が必要と感じた試合でした。

 1年生も加わり、応援の力がかなり強くなったと感じています。この調子でチーム力も上がっていければよいと思います。個人戦では2ペア、そして団体戦で6月インターハイ予選に出場します。その大会で良い報告ができるようがんばってまいります。
 

 

 

 

 

 

 

0