日誌

男子ソフトテニス部活動日誌

R1 男子ソフトテニス部 新人大会県大会(団体)の結果報告

  11月14日(木)、熊谷さくら運動公園にて新人戦県大会団体戦が行われました。今回かなりの強豪校がひしめくブロックに当たり、かなり苦しい戦いになることが予想されましたが1回勝つとベスト16ということで12月に行われる県インドア大会の参加権利を得ることができるということでまずはそこを目指して臨みました。

 

初戦が本庄第一高校との対戦でした。先日行われた個人戦では2ペア対戦しており、2ペアとも敗退しているという結果もありかなり気負って臨んだ試合でした。結果は3-0で勝利することができました。続く2回戦は埼玉平成高校との対戦でした。関東予選では何度か当たったことがありましたが1度も勝ったことがなく、どうにかと向かっていきました。結果は2-1で勝利することができました。この時点でベスト8になり、3月に行われるさいたまカップの出場権を得ることができました。3回戦は松山高校との対戦でした。すべての選手が枠外選手というかなりの強豪で伝統校であり、それでも何とかと策を労しながら向かっていきました。1番、3番の勝負がファイナルまで持ち込こまれる接戦でしたが、どうにか勝利することができました。準決勝では川越東高校との対戦でした。去年は2面展開であっという間に負けてしまいましたので、今年はもっと、あわよくば、という思いのもと対戦しましたが0-2で敗退しました。

 

 結果ベスト4に入ることができました。準決勝での負け方から、やはりまだ草加西高校は県の上位で試合をするには力、特に持久力が足りていないことが痛感する内容でした。この冬もっと精進していかないといけないと感じました。しかし、帰りにはチーム全員の声が枯れていた位の応援、団体メンバーのいつも以上の力の発揮の仕方にまた1つチームとしての力が上がったことが証明された結果となったと思っています。そしてこれは埼玉県の学校の方々始め、草加西高校と練習試合や練習をしてくださった学校の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。12月のインドア大会、3月のさいたまカップでも良い結果を出せるよう精進していきます。

 

 

 

 

 

0