部活動紹介

剣道部

 

剣道部は、現在(2022年)3年生3名、2年生5名、1年生2名の計10名で活動しています。目標は、「県大会出場常連校」。試合で、“一本取る”ために、日々技を磨いています。

 

 公式戦への出場はもちろん、近隣の学校と合同練習をしたり、練習試合などにも参加しています(他校の生徒とも仲良くなれます!)。また、月末には部内戦を行なっています。本校の部内戦は、「翠胴杯(すいどうはい)」と呼ばれ、その名の通り、男女それぞれの優勝者は翠の胴を身につけることができます。

 

 真面目な稽古の合間には、流しそうめん大会やクリスマス大会など、楽しい催しもたくさん行っています。初心者も大歓迎です!(今年の1年生2名は初心者です)

 剣道を通して、人間力の育成に力を入れています。少しでも興味のある人は、ぜひ剣道部に見学に来てください。後悔させません。一緒に素振りしましょう。

 

【活動日】 

月・火・水・金・土(土・日大会の場合、月休)

※土曜日は、近隣の学校と合同練習をしています。

 

【大会実績】

 令和4年度東部支部高等学校剣道大会 個人ベスト16(県大会出場)

                   団体2回戦(県大会出場)

 令和4年度関東高等学校剣道大会埼玉県予選 個人ベスト64

 

【顧問】

 成岡 豊 / 山口 勝志

 

 

日誌

剣道部活動日誌

【剣道部】2022年10月~11月 活動報告

10月23日(日)1級審査(スポーツ総合センター)

草加西高校剣道部の1年生は2名いるのですが、どちらも高校から剣道を始めた初心者になります。この日は、昇段審査を受けるために必要な初級審査のある日でした。初級審査では、剣道の基本を習得できているかを確認します。当日は、生徒だけで会場に行き、審査を受けてきたのですが、昼過ぎに「合格しました」と連絡が入りました。生徒らは「ほっとした」と思います。練習を振り返れば、なかなか覚えられなくて、嫌になってしまったり、厳しい練習に、辛くなってしまったり、うまくいかなくて自信が持てなかったりしたこともあったと思います。自分たちが取り組んできたことが、「合格」という形で評価されたことで、少しは自信にもつながったと思います。これからの取り組みにも前向きになってほしいと思います。本当に1年生は努力しましたね。お疲れさまでした。(次は初段審査fight!)

 

11月6日(日)東部支部秋季新人大会(不動岡高校)

新チームになって、初めての公式戦(団体戦)でした。女子は2名しかいないため、参加していません(合同チームにも参加していない)。男子は、この日をかなり楽しみにしていたと思います(顧問が見る限り)。初戦の相手は、久喜北陽でした。毎年のように、この秋の公式戦でトップ3とかに入る学校です。生徒らには、「学校名ではなく、相手の選手だけを見ろ」と伝えました。また草加西は、公式戦では生徒同士のミーティングを大切にしています。この日も生徒同士でしっかりと確認してから望むようにと伝えました。結果としては、敗れてしましましたが、一方的に負けたようには感じませんでした。この夏に取り組んだことに、足りないものがあったから負けたという見方もできます。反省点を見つけ、次に生かしてほしいです。

(写真忘れました。。。)

 

11月13日(日)練習試合(越谷総合技術総合)

東部地区以外の学校も何校か参加した練習試合に草加西高校も参加しました。

女子は初めての審判も経験しました。男子は、様々な学校と練習試合をし、自信につながったり、新たな課題が発見されたり、とてもいい時間を過ごすことができたと思います。この経験を次に生かしてほしいです。

また、準備、運営をしてくださった越谷総合技術高校(齊藤先生)、ありがとうございました。

(写真忘れました。。。)

 

11月17日(木)埼玉県剣道大会(県立武道館)

県大会(個人戦)が行われました。1年生女子2人(初心者)は初の公式戦でした。結果は初戦負けでしたが、会場や他校の部員の雰囲気、力差など色々なことが確認できたと思います。足りないこと、できていないことをあげたらキリがありません。2人には、「1つや2つでいいから、何を身につけるべきか、何に取り組むべきかを考え、練習しましょう」と伝えました。まだまだこれからの2人です。まずは、公式戦初戦お疲れさまでした。

男子は、2年手塚と2年藤代が出場しました。手塚は2回戦敗退、藤代は3回戦敗退(ベスト64)という結果になりました。この2人は春からこの会場で、出場していますが、やはり大会は緊張するようで、様子からも伝わってきました。大事な1回戦は、お互いに勝利し、ほっとしたと思います(藤代は延長のすえに勝利)。2回戦、3回戦では、お互いに、「勝ちきれない」といった印象でした。力は着実についている2人です。草加西を引っ張る2人です。焦らず、次の試合で勝ち続ける姿を魅せてほしいです。

 

0

【剣道部】2022年9月 活動報告②

9月17日(土)、本校で三郷工業技術、三郷北、松伏と4校合同練習をしました。前半は基本打ちなど、後半は練習試合をし、最後にシャトルラン(インターバル)で終わりました。

大会は11月ですが、文化祭や学校説明会、中間考査のことを考えると、10月は時間がなかなかとれないため、9月に練習試合ができてよかったです。それぞれのチームで課題が見つかったと思います。草加西のメンバーは、次会う時は絶対に負けないつもりでいます。

 当日、全体の進行をした手塚君(部長)は、お疲れさまでした。円滑に進めることができていたと思います。そして、三郷工業技術、三郷北、松伏の先生方、生徒のみんな、一緒に練習してくれて、ありがとうございます。また、よろしくお願いします。

 (また、写真を撮るのを忘れてしましました・・・・・)

 

 

9月23日、越谷南高校と越谷西中学校と合同練習を行いました。

一つ一つ丁寧に基本の確認をし、全体を通してとてもメリハリのある内容でした。草加西としても取り入れたい内容が多く、とても勉強になりました。後半は練習試合を行いました。春にも練習試合をしているため、お互いのことを覚えている生徒は、その成長ぶりを意識しながら試合をしたと思います。試合を通して、「今」の課題が分かったと思います。春よりは成長している両者ですが、課題はあります。その課題に一つ一つ取り組み、11月の公式戦に挑みたいです。

 

 

 「10月の予定」

 10月8日(土) 合同練習@草加高校

 10月19日~21日 中間考査(剣道部は10月12日~10月20日の活動はありません)

   10月22日(土) 学校説明会※見学可能

 10月30日(日)@草加西で予定

 

 また、9月より部活動紹介動画が公開されています。

HPの上にある「中学生のみなさんへ」の中にありますので、ぜひご覧ください。

0

【剣道部】2022年9月 活動報告①

8月は、厳しい暑さの中、自校でじっくりと練習してきました。あっという間に夏休みが終わり、2学期が始まりました。剣道部は11月に行われる新人戦へ向け1日1日を大切に取り組んでいきます。

9月3日(土)吉川美南高校で、三郷北、三郷工業技術高校と4校で合同練習をしました。当日は比較的穏やかな天候で、練習しやすい日でした。一つ一つのメニューをじっくりと確認することが多く、集中を保ちながら取り組むことの大切さ難しさを実感したと思います。心に隙ができると油断するもので、その油断が命取りになるのが剣道であります。いつもより多い人数の中でお互いに刺激的な練習になったと思います。新人戦へ向けて、気持ちを高め、良いチームを作っていきましょう。

吉川美南高校、三郷北高校、三郷工業技術高校のみなさん、ありがとうございました。

またよろしくお願いします。

0

【剣道部】2022年7月活動報告&部活動見学体験会について

7月、期末考査が終わり、2週間ぶりに練習が再開されました。

1年生は秋に初級審査が、2年生は8月に昇段審査があるため、審査内容の確認をしています。無事、審査に受かることを願っています。

剣道では、下半身の動きがとても重要になります。そのため、7月からはパイプ椅子を使った下半身トレーニングを導入しました。ダイナミックな動きにつなげてほしいと思います(後日、パイプ椅子のトレーニング写真掲載します)。

 

7月16日、越谷西高校で合同稽古をしました(越谷総合技術、松伏二中も一緒)。

面打ちを時間をかけて確認しました。

最後のミーティングでは、「基本は簡単ではない。基本をしっかりやること。」「基本を極めることは永遠の課題」などの言葉をいただきました。その言葉を忘れずに、夏の練習に取り組んでほしいと思います。

 

【初級審査の確認】

 

 

【昇段審査の確認】

 

★ご連絡

剣道部は、部活動見学体験会を8月2日(火)に行います(9時00分~11時30分)。

見学、体験希望の方は、7月28日(木)までに剣道部顧問(成岡)へご連絡下さい。

初心者、経験者問わず、誰でも大歓迎です。剣道の迫力をぜひ体感してください。

 

0

【剣道部】2022年6月 活動報告③

記事
6月25日、翠胴杯(草加西の部内戦)が行われました(今年度初)。この日は、開始前からやや緊迫した様子も感じられ、いい緊張感だなと感じましたが、トーナメントの組み合わせ抽選をすると、対戦相手を見ては、感情をむき出しに一喜一憂していました。それを見て私は「油断すると足をすくわれるぞ」と思っていましたが、黙って静観していました。

以下結果です。
1試合目 よし野 対 手塚(勝利)
2試合目 藤代 対 福士(勝利)
3試合目 森  対 福島(勝利)
4試合目 佐々木 対 福島(勝利)
5試合目 手塚 対 福士(勝利)
6試合目 福島 対 福士(勝利)

福士がディフェンデングチャンピオンです。福島は福士と延長するなど、善戦はしましたが、「手が届きそうで届かない」といったところでしょうか。勝つにはまだまだ稽古が必要です。

そして、もう一つ報告があります。
7月から2年生主導のチームになります(3年生は進路活動中心の活動)。
部長は手塚、副部長は藤代です。歴代の部長の意志を受け継ぎ、また新たなチーム、絆を築いてほしいです。

 

【翠胴杯】

 

0

【剣道部】2022年6月 活動報告②

6月4日、草加高校と練習試合をしました。

草加西高校の剣道部は、普段から選手だけでのミーティングを大切にしています。これは、練習試合、公式試合問わず、選手だけのミーティングを取り入れています。

この日も試合の前後は、必ず選手同士でミーティングをし、それぞれの確認すべきことを確認しています。

自分たちで考え、気づき、行動することが、公式試合で力となる、と思っています。

また、草加高校の皆さん、大会前の貴重な時間に練習試合をしていただき、ありがとうございました。

 

 

6月11日本校で新栄中学校(草加市)の剣道部と合同稽古、練習試合を行いました。

中学生が来ると、その数にびっくりしました。全体で20名近くいて、整列すると、普段は広い剣道場が一瞬にして狭く感じました。部長の福士を中心に練習、試合を進行し、他の部員も含めて中学生にアドバイスをする場面も見ることができました。

練習が終わると中学生が「ミーティングをお願いします」と私(顧問)のところにきました。「お互いに公式試合前の練習です。人それぞれ違くていいと思うが、何かを得て、それを力に変えてください。」と伝えました。

新栄中学校の皆さん、ありがとうございました。

(写真は撮っていません…)

 

6月17日、インターハイ予選(団体戦)が県立武道館で行われました。

結果は、

1回戦では、桶川に勝利(5(10)-0(0))

2回戦は、浦和商業に勝利(5(9)-0(0))

3回戦は、川越に敗北(1(1)-1(2))

ベスト32でした。

川越は、関東予選でベスト8に入る強豪校でした。草加西は、3回戦の前に川越の試合を見ることができ、いつものように、選手同士でミーティングをし、勝つためのイメージを共有しました。

試合が始まり、先鋒の手塚は引き分け、次鋒の佐藤も引き分けました。両者譲らない中、中堅の福島ですが、なんとここでも引き分けでした。福島の引き分けが決まった瞬間、草加西の雰囲気の高まりを感じました。

選手らは思ったことでしょう。「いける!(勝てる)」と。

3番手までお互いに引き分けた、その沈黙を破ったのが副将の藤代でした(1本勝ち)。

最後は、大将の福士です。

草加西の高まった勢いの中、どこまでやってくれるか、と思いましたが、現実は甘くなかったです。2本とられてしまい、草加西の負けが決定しました。

3年生は、この大会が終わり、放課後の活動は進路活動に切り替わります(剣道部では引退という言葉は使いません)。これからは2年生が主導で剣道部を再スタートします。今回の大会は、大きな収穫であったと思います。基礎から見つめなし、次に向けて頑張っていきたいです。それと選手らには、「秋にまた川越と対戦したいね」と話しました。選手らは、迷うことなく真剣なまなざしで「はい!」と返事をしました。草加西高校剣道部の未来は明るいです。

これからも応援よろしくお願い足します。

 

0

【剣道部】2022年6月 活動報告①

6月1日インターハイ予選(個人戦)が所沢市民体育館で行われました。

1校の出場枠は2名。草加西からは、部長の福士(3年)と手塚(2年)が出場しました。

手塚(2年)は初戦敗退し、「初めての会場で、大会の雰囲気にのまれた」と振り返りました。

福士(3年)は2回戦敗退で、その表情から悔しさがとても伝わってきました。

 

大会で勝ち上がることは簡単ではない。

17日には団体戦がありますので、その簡単ではない勝利に近づけるように日々の練習に励んでいきたいです。

 

【インターハイ予選(個人戦)/所沢市民体育館】

0

【剣道部】2022年5月GW~5月末 活動報告

5月7日関東高等学校剣道大会埼玉県予選会(団体戦)が行われました。

1回戦(狭山工業)、2回戦(草加東)と勝ち、3回戦では、山村学園との試合でした。

結果は、ストレート負け(完敗)で県大会はベスト32という成績で終わりました。山村学園は、この大会で3位となりました。強豪校と試合できたことは、財産となるはずです。これからの剣道に生かしてほしいです。

【5月7日県大会】

 

 

 

5月は中間考査が行われたため、剣道部はおよそ1週間以上中間考査のため部活動はお休みでした。

(部員の文武両道を願っています)

1年生が入部してから、他校との合同練習(春日部工業、越谷南、三郷工業技術、越谷東、ありがとうございました。また、今後もよろしくお願いいたします)や県大会などで、1年生の入部を迎える準備ができていなかったので、考査後の休日練習では、1年生の歓迎会をしました。まずは、シャトルランです。これはアップです。しっかりと身体を起すことができたと思います。そのあとに、改めて自己紹介をし、メインイベントである交流を深めるゲームをしました。①ジェスチャーゲーム②絵しりとり③二重とびをしました。ジェスチャーゲームでは、みんな恥ずかしがることなく、伝えることに必死で面白かったのですが、絵しりとりでは、部員らの絵心が心配になってきました(笑)。二重とびは設定時間内にどれだけ跳ぶことができるのかを競うもので、足腰の強さ、体幹を確認することができ、安心しました。交流会を通して、チームとしての絆がより深まってくれたらうれしいです。2,3年生これから1年生をよろしくお願いします。そして、1年生は、2,3年生に追いつけるように頑張りましょう!

【シャトルランの様子】

【絵しりとり&二重とびゲーム】

 

5月28日(土)は草加東高校と本校で合同練習をしました。

合同練習を通して、「何」かを得て、それを「力」にしてもらいたいです。

また、近隣の学校と合同練習ができることに感謝をしたいです。

【草加東高校との合同練習】

 

 

【大会後のミーティング風景】

※東部支部大会と県大会の記録を振り返りました。

0

【剣道部】2022年4月~5月GW 活動報告

4月16日~17日に東部支部高等学校剣道大会が開催されました。

個人戦では、藤代(2年)、福士(3年)がベスト16でした(県大会出場)。

団体戦では、2回戦で春日部東に敗れましたが、県大会出場となりました。

 

4月22日関東高等学校剣道大会埼玉県予選会(県大会)が開催されました。

個人戦では、藤代(2年)が初戦敗退、福士(3年)がベスト64でした。

藤代の初戦相手は、結果的にこの大会ではベスト8に入る選手でした。実力のある選手と試合できたことは、よい経験になったはずです。試合内容を振り返り、次につなげてほしいです。

福士が負けた試合は、実に「おしい」内容でした(顧問の私にはそう見えました)。試合後、福士に「もう一度やったら、勝てるか?」と聞いたら、迷うことなく、堂々とした声で「勝てます!」と言ってくれました。その時に、福士の自信と勝ちたいという気持ちと、同時に悔しさを感じました。ぜひ、次につなげてほしいです。

 

【4月22日 県大会】

 

 

 

4月22日、1年生の仮入部期間が終了し、剣道部には2名の女子部員が入部しました。

なんと、2人は中学生の時は、卓球部と陸上部で、剣道未経験です。2人は、「見学したときに、憧れの気持ちを抱いた」「人間として成長ができるのではないか」「(中学校の体育の授業)楽しかったので、高校でもやりたいと思ったから」などの素晴らしい入部理由を掲げて入部してくれました。これから一つ一つ剣道のことを勉強していきましょう。

 

【ある日の様子】

「がんばれ!1年生!」

 

 

5月5日、37期の先輩方(2人)が来てくださいました。

生徒らは先輩との練習で、多くの刺激をもらったと思います。また、久々に会えて、話したことで、気持ちも楽になったと思います。練習後、先輩から「本気でやることは大切だが、ケガをしては意味がない」という言葉をいただきました。腰痛や足のケガで悩む生徒がいる草加西剣道部にとって、本当に大切なことを言っていただきました。

大会前に一緒に練習してくれてありがとうございました!

 

【37期の先輩方と集合写真】

 

0

【剣道部】 R3.11.7 東部支部大会(団体戦) 結果!

11月7日(日)春日部高校に於いて東部支部新人大会が行われました。

★第一回戦 越谷総合技術と戦い

 先鋒 1-2 負

 次鋒 0-0 引き分け

 中堅 2-0 勝

 副将 0-2 負

 大将 0-1 負

 

大将戦までどちらが勝つか分からず、最後まで諦めずに戦い抜きましたが、一歩及ばずでした。悔しい結果でした。今後も稽古に励んで、悔しい思いだけでなく嬉しい思いもたくさんしていきたいと思います。

 

0